リガメント法のメリット|類似品には注意|持続効果の高いウルセラでたるみをなくそう

類似品には注意|持続効果の高いウルセラでたるみをなくそう

婦人

リガメント法のメリット

女性

繊維組織を外す手術

頬のたるみを解消するフェイスリフト手術のひとつにリガメント法があります。リガメントとは靭帯のことで、硬い繊維組織になっており、骨と皮膚とをしっかりと結びつける働きをしています。頬にも何か所かのリガメントがあって、その部分はたるみませんが、リガメントのない部分はたるみやすくなっています。フェイスリフト手術で頬の皮膚だけを引き上げると、リガメントの手前の部分は引っ張られますが、そこから先のたるみは解消されません。リガメント法では一度リガメントを切断してから皮膚を引き上げ、後戻りしないようにリガメントを固定します。これによって頬全体のたるみを効果的に解消することができ、後戻りの心配も少なくなります。

持続時間が長い

フェイスリフト手術は傷跡が目立たないよう、耳の前の部分を切開して、余った皮膚を切除します。このとき通常は強い力で皮膚を引き上げる必要があるため、不自然に突っ張ったり耳の形が変わったりする恐れがあります。リガメント法ではこのようなリスクが小さく、広範囲のたるみを解消できて、効果の持続時間も長いというメリットがあります。たるみの度合いが大きい場合には、特に効果的な手術方法と言えるでしょう。部分的なたるみが気になる場合には、切開する部分を小さく限定したミニリフトを受けることもできます。通常のフェイスリフトよりもダウンタイムが短く、料金も安くなるのが普通です。しっかりとカウンセリングを受けて、適切な手術方法を選んでください。